お墓の構成

お墓というのは、大きな墓石をひとつ建立して終わりというものではありません。

身分不相応なまでに立派なお墓にする必要はありませんが、最低限揃えておくべき構成というものがあります。


■お墓に必要なもの(基本)


下の図は、ごく一般的なお墓の構成になります。

ここにあるものについては、揃えるのが普通です。



  ①墓石
  ②カロート(納骨棺):墓石の下にあります
  ③花立
  ④水鉢
  ⑤香炉
  ⑥拝石
  ⑦外枠
  ⑧墓誌

「外枠」は、他のお墓との境界を示すためのものですが、墓地のスタイル(芝生墓地など)によっては、不要な場合もあります。


■余裕があれば揃えたいもの


スペースや予算に余裕があれば揃えたいものに、次のようなものがあります。

 ・つくばい(手水鉢):手を清めるために置かれた背の低い水鉢
 ・名刺受け:お墓参りに来られた人が名刺を投函し、保管するもの
 ・物置台:お墓参りのときに手荷物などをおくための石
 ・燈籠:お墓で眠りにつく方を灯火によって供養するもの

また、敷地内には、化粧砂利をきれいに敷きつめ、背たけの低い植木などを植えると良いでしょう。