お墓に刻む文字

お墓に刻む文字について特別な決まりはありません。

慣習により、一般的には次のような文字が刻まれるようです。

 ・棹石正面:家名など
 ・棹石右側面:埋葬者の戒名、俗名、没年月日、享年など
 ・上台左側面(または棹石裏面):お墓の建立者の名前、建立年月日など


■家名の刻み方


一般的には、次のように刻みます。

 ・○○家之墓
 ・○○家代々之墓 
 ・○○家先祖代々之墓
 ・○○家累代之墓

真言宗の場合、家名の上に「梵字」を付け、「之墓」を省く場合もあります。

禅宗では、家紋を入れる場合もあります。


■名号、題目、経文など


仏教系の場合、家名の替わりに宗派の名号、題目、経文などを刻むこともあります。

 ・浄土宗、浄土真宗:「南無阿弥陀仏」
 ・臨済宗、曹洞宗 :「南無釈迦牟尼仏」

この場合、家名は上台や水鉢の正面に刻みます


■戒名の刻み方


「戒名」というのは、仏の弟子になったことを意味するものです。

浄土真宗では法名、日蓮宗では法号と言います。

「戒名」に対して、生前に名乗っていた名前のことを「俗名」といいます。

俗名については、「煩悩に満ちている」として刻まないこともあるようなので、寺院などに確認しておいたほうがよいでしょう。



■その他


墓石に刻む文字については、最近は、どんどんと個性的になってきているようです。

「ありがとう」「やすらぎ」「愛」など好きな言葉や文字を刻む例が増えているのです。

お墓を承継する際に姓が変わることもあるので、「それならば、はじめから好きな言葉を」という考えもあるようです。


また、墓石に刻む文字の書体などについても、特に決まりはありません。