公営墓地 ‐墓地の種類①‐

公営墓地とは、都道府県・市町村といった自治体が管理運営している墓地のことです。

■公営墓地のメリット


公営墓地の最大のメリットは、永代使用権や管理費などの費用が比較的安いことです。

また、寺院墓地のように宗教が問われることもありません。

そして、何よりも「公営」という安心感があります。


■公営墓地のデメリット


公営墓地のデメリットは、いつでも申し込みができるわけではないということです。

募集の時期というものが決まっていて、その募集の中から抽選で選ぶわけです。

募集は、だいたい年1回であることが多く、募集枠に対し申込者が多いというのが現状です。

さらに、手続きや書類作成にも手間がかかり、大変です。


■公営墓地の申し込み資格


公営墓地を管理運営しているのは都道府県や市町村ですから、申し込みに際しては、原則としてその自治体に住んでいる(住民票がある)ことが条件となります。

さらには、住民票を移してから一定期間以上が経過していないと駄目な場合もあります。

その他、継承者のことなど、各自治体で独自に条件を定めている場合がありますので、自治体の霊園担当窓口などで、一度確認をとったほうが良いでしょう。


■公営墓地の申し込み手続き


公営墓地の申し込み手続きは、だいたい以下のような流れになります。

①応募書類の入手
 :各自治体の窓口や希望の公営墓地で、申込書を入手します。

②応募書類の提出
 :申込書に必要事項を記入し、郵送などによって提出します。

③抽選
 :申込書が受理されると受付番号の通知を受けますので、その番号をもって抽選に臨みます。

④書類審査
 :当選の場合は必要な書類を用意し、書類審査を受けます。

⑤申請・手続き
 :書類審査が完了したならば、申請書を提出します。

⑥使用許可証の発行
 :使用料等を納めると、永代使用権契約書にあたる「使用許可証」が発行されます。