お墓(墓石)のスタイル

お墓(墓石)には、さまざまなスタイル(形式)があります。

代表的なスタイルは次の通りです。


■家墓


家族を合祀するお墓で、もっとも一般的なものです。

「代々墓」「累代墓」とも言います。

墓石には「○○家之墓」「○○家先祖代々之墓」などと入れます。

子孫へと受け継がれていくお墓ですので、建墓のときに承継者がいることが条件となります。


■両家墓


二つの家を一つのお墓に祀ったものです。

一人っ子同士の夫婦などが、両家のお墓として建てます。

墓石には、両家の家名や「南無阿弥陀仏」「南無妙法蓮華経」など、もしくは、《好みの文字》を入れます。


■夫婦墓


夫婦二人だけが入るお墓です。

子供のいない夫婦が、自分たちのために建てる場合が多いようです。

嫁いだ一人娘が両親のために建てる場合もあります。

墓石には、夫婦の名前、あるいは《好みの文字》などを入れます。


■個人墓


独身の人や、家墓に入りたくない人など、個人を祀ったお墓です。

また、故人の功績を残しておく目的で、家墓とは別に、記念碑として建てるケースも増えています。


■共同墓


他人同士を合祀するお墓です。

友人、信仰を同じくする者、あるいは、企業や団体が建てるものなどがあります。

あまり多くはありませんが、近年、注目されているお墓のスタイルです。