納骨の仕方

納骨は、単にお墓の下に遺骨を納めるだけのものではありません。

納骨にあたり、幾つかやらなければいけないことが沢山あります。


この納骨の儀式が終了して、はじめて葬儀が完了したのだと言えるでしょう。


■納骨はいつ行うか


納骨はいつ行わなければならないという決まりは、実は、ありません。


しかし一般的には、既にお墓がある場合は、四十九日の忌明けに行うことが多いようです。


新しくお墓を建てる場合には、開眼法要(開眼供養)に合わせて行うことが多いですが、その開眼法要は、だいたい一周忌を目安に行うようです。


〔一周忌の年忌法要 ⇒ 開眼法要 ⇒ 納骨法要〕 という順序になります。



■納骨の方法


納骨の方法もひとつだけではありません。


お墓に納骨する


お墓に納骨するのが、最も一般的な納骨方法です。

お墓についても、菩提寺の墓の場合と、新しくお墓を建てる場合とに分かれます。

最も普及していて、わかりやすい納骨の方法と言えます。


納骨堂に納骨する


近年利用者が増えているものに、納骨堂への納骨があります。

納骨堂についても、お寺の納骨堂と、企業が運営する納骨堂とに分かれます。

そして、一時的に預かってもらう「一時納骨」と、永久に供養される「永年納骨」とに分かれます。

さらには、ロッカーのような形式のものであったり、あるいは、仏壇のようになっているものなど、形式も様々です。


「お墓に比べて費用が安く済むこと」「都心部などにもあること」 などが、近年利用者が増えている理由のようです。


散骨をする


散骨も納骨のひとつの方法と言えます。

海や山などに遺骨を撒くのですが、法的に、また、手続き的にも難しいものがあります。

散骨の受託を行う業者もあるようなので、故人の希望などでどうしても散骨にしたいときは、素直に業者に委託するのが良いかもしれません。



■納骨の手続き(必要書類)


亡くなってから納骨されるまでの間には幾つかの手続きが必要になります。


まず、誰かが亡くなったときには、死亡届を出すことにより、役所から「火葬許可証」というものが交付されます。

この「火葬許可証」を火葬場に提出すると、火葬後に「火葬済」の印が押されて戻ってきます。


これが 『埋葬許可証』 になります。


とても大事な書類ですが、火葬から納骨までかなりの日数がありますので、無くさないように大切に保管しておかなくてはなりません。



■納骨の手順


納骨の具体的な手順としては、石材店の人がカロートの蓋を動かし、そこに施主が骨壷を納める形になります。

骨壷以外のもの(故人の遺愛の品など)を一緒に入れる場合もあります。


納骨法要までの手順(手配)については、「開眼供養」のページをご参照ください。


  ※こちら >> 開眼供養について