お墓参りの時季

本来は、お墓参りの決まった日というものはありません。

お墓参りはいつ行ってもよいのですが、宗旨によって、だいたいこの日に行うのが良いとされている時季はあります。


■仏式のお墓参り


仏教では、お彼岸(春と秋)、お盆、故人の命日、年忌法要の日などにお墓参りを行います。

その他。結婚や、入学、入社など、人生の節目のときにもお墓参りを行うようです。


■神道式のお墓参り


神道では、お彼岸(春と秋)、お盆、そして、死後10日ごとの霊祭、命日に行われる式年祭のときなどにお墓参りを行います。

神道では肉や魚もタブーではないので、お供えしても差し支えありません。

また、花立には「榊(さかき)」を供え、線香は供えません。


■キリスト教式のお墓参り


キリスト教では、お墓参りに決められた日は特にありません。

故人の命日や復活祭(イースター)にお墓参りを行うことが多いでしょうか。

また、カトリックの場合、11月2日の万霊節(オールソウルデー)には、ミサに行く前に家族全員でお墓参りをするのが慣習となっています。


■お墓参りの手順(仏式の場合)


お墓参りの手順やマナーなどについては、仏式のものが基準になるかと思います。

①お墓の掃除
 :落ち葉やゴミを片付けます。
  そして、タワシや雑巾で墓石などをきれいにします。

②お供え物
 :お花と線香(仏式の場合)を供えます。
  お菓子や果物などは、半紙を敷いてからお供えします。

③拝礼
 :墓石に水をかけます。(故人の喉をうるおす為と言われています)
  そして、合掌、拝礼を行います。
  (神道の場合は、二回礼 ⇒ しのび手×2 ⇒ 一回礼)

④後片付け
 :火の後始末などをします。
  (カラスなどが突くため)お供え物は、必ず持ち帰ります。

|