お墓を移転するには

お墓を移転する理由は、「現在の住居の近くに移転したい」「複数のお墓をひとつに整理したい」「改宗したので引っ越したい」など、様々です。

そして、お墓を移転するには、役所への届け出、法要などの手続きが必要になります。

ここでは、移転に際してのそういった大ざっぱな過程をまとめてみました。


お墓の移転のパターン


まず、お墓の移転は、大きく以下の4つのパターンのいずれかになります。


①遺骨のすべてを移転し、墓石も移転する


墓石と納骨してあるすべての遺骨を移転します。
移転後の墓地は更地に戻し、墓地管理者に返還することになります。


②遺骨のすべてを移転し、墓石は新しいものにする


納骨してある遺骨はすべて移転しますが、墓石は新しいものにします。
移転後の墓地は更地に戻し、墓地管理者に返還することになります。


③複数ある遺骨(骨壷)の一部を移転し、墓石は新しいものを建てる


幾つかの骨壷を納骨してある場合で、その内の一部のみを移転します。
墓石は新しいものを移転先に建てます。


④遺骨の一部を移転(分骨)し、墓石は新しいものを建てる


骨壷から遺骨の一部を取り、分骨用の骨壷に納めて移転します。
墓石は新しいものを移転先に建てます。



お墓の移転の手続き


お墓の移転の手続きは、大きく以下の2パターンになります。


上記①②③の場合


1)移転先の墓地を決め、契約をしたら、「受入れ証明書(あるいは永代使用許可証)」を発行してもらいます。

2)現在の墓地の管理者に対し、移転の旨を申し出ます。

3)現在の墓地を管轄するお役所で、「改葬許可申請書」を発行してもらいます。 
  (遺骨一体につき1枚必要です。)

4)上記「改葬許可申請書」に「埋蔵証明」をしてもらいます。
  (もしくは、「埋蔵証明書」あるいは「納骨証明書」を発行してもらいます。)

5)現在の墓地を管轄するお役所に、上記 3)4)の書類を提出し、「改葬許可証」を発行してもらいます。
  (遺骨一体につき1枚必要です。)

6)現在の墓地の管理者に対し、上記「改葬許可証」を提示し、遺骨を取り出します。
  (必要に応じて、墓地を更地に戻して返還します。)

7)移転先の墓地の管理者に対し、「改葬許可証」を提示し、納骨します。
  (新しくお墓を建てたときは、開眼法要を行います。)




上記④(分骨)の場合


1)移転先の墓地を決め、契約をしたら、「永代使用許可証」を発行してもらいます。

2)現在の墓地の管理者に対し、分骨の旨を申し出て、「分骨証明書」を発行してもらいます。
  また、移転のための御魂抜きをして、遺骨を取り出します。

3)取り出した遺骨は、移転の日まで自宅等で安置します。

4)移転先の墓地の管理者に対し、「分骨証明証」を提示します。
  (納骨前に行います。)

5)移転先の新しい墓地が完成したら、開眼法要などを行い、納骨します。


|